FC2ブログ
深夜の電車内、ふと隣に座った、かなりの美人風の女。
負け犬の処世術、なる本を読んでいる。
わけありなのか?
など感じさせる。

人からみれば、負け犬的人生を送っている。当ブログ管理人だが、正に、この本を読みたい。感になっている。
むしろ、この人に、処世されたい。感なのだろう。

冗談は、さて置き、自分自身、今は、負け犬だ。
このまま負け犬で終わるのか?が最大のテーマである。

たぶん、世の中、負け犬の方が、多いのだろう。
スポンサーサイト



2008.03.08 


Secret